COFFEE ROASTER BLUES!!

roastersk.exblog.jp ブログトップ

焙煎修行⑮⑯⑰~季節の変わり目~

今回の焙煎修行3日間、
1日目、ハイチ。
2日目、ニカラグアSHG。
3日目、ニューギニアAA。
を焙煎練習させて頂いた。

ハイチ&ニューギニアは比較的上手くいったのだけれども、
ニカラグアは初めてということもあってか、
何だかよく分からないまま焙煎を終えて、
カッピングでの最終確認でも、
焦点が定まらない感じの緩い味わいであった。
a0247515_10361147.jpg
ニカラグアの5段階。
左から中深、間、中、間、浅。
中がベストポイントな感じだが、きっと全体的に少しずつ浅い。

普段はY口さんの焙煎の後に、自分が焙煎を行うため、
釜の温度も排気も安定していて、焙煎しやすいのだが、
今回は自分が1釜目をやり、通常より排気温度が高かった。

そうなると豆への加熱も強くなるのだろう、
1ハゼが通常より早く来て、色々と気持ちに不安が生じた。
結果、浅で煎り止め出来ずに、中程度まで煎りが進んでしまった。

ニカラグアの色つきの分かりにくさ、
シワの伸びにくさも、焙煎を分かりにくいものにさせた。
ニカラグアは中煎りブレンドとしても使える重要な豆だ。
もう1度焙煎して、しっかりその性質を理解したい。
a0247515_10365387.jpg
3日目、ニューギニア。
欠点豆は多かったなあ~。500gに30分も掛かった。
まだまだハンドピックの腕は伸びず。
(ニカラグアは2.5kgで1時間。今のとこ最速。でも遅い…。)
a0247515_10374031.jpg
その5段階。
今回も予想外に、時間短く温度低く行った。
豆の様子を確認して、浅煎りを取り出し、
不安だらけだったけど、結果的には良し。

しかし、これ中深向きのニューギニアだったからこそ、
大丈夫だっただけで、他の方のハイチは通常より浅く、
後に火力を落として今まで通りやった所上手く行った。

そうか、この所の焙煎不安定は、
季節の変わり目、それゆえの焙煎温度変化からも来ていたのか。
火力を落とした結果の、焙煎変化は安定したものだった。
こうやって季節は巡り、焙煎も巡るのか。

自分でそれを感じ取れるようにならんといかんね。

とにかくニューギニア、ハゼの時間も長いし、
シワは伸びないし、何だか難しかったわ。
結果的には美味しい中深煎りが出来たけど、
もっともっときっちり仕留めたいものだ。
a0247515_10375795.jpg
今回は、千葉の山奥から、お店のマスターが参戦。
(画像は関係ありません。焙煎練習のカッピング風景。)

全ての種類が、きっちりマイルドに飲みやすい珈琲でした。
雑味なく、とってもバランスが良い、誰が飲んでも美味しい珈琲。
結局その人自身の味わいになるんだよな~、なんて思った次第。

「長所を伸ばせ、長所を生かした店作りを。」
それが大師匠の教えでもある。ナムナム。
俺もいつか…。
a0247515_10382071.jpg
少しずつたまって来たよ、焙煎記録。
これがいつか、‘焙煎青春’時代の、
素晴らしき思い出の記録となりますように。

で、
そんな焙煎練習の夜は、

ついに、めでたく結婚する運びとなった、
大学時代からの腐れ縁の女子友達と、
超久々にタイマン飲み。

普通に終電逃して、連絡もせずに、
普通にグダグダで朝帰りかましたら、
当たり前に激怒して暴れる相方さんに、
顔面を正拳突きされましたわ。

…やっぱり、
お酒より珈琲がイイよね。
以上!!
[PR]
by roaster-SK | 2012-06-16 21:30 | 珈琲焙煎修行

~淡路島福良のしまこや珈琲~


by roaster-SK
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite