COFFEE ROASTER BLUES!!

roastersk.exblog.jp ブログトップ

焙煎修行⑱⑲⑳~順調と覚醒~

おっと、もう20回目だったか、焙煎修行。
きっと100釜程度はやらせてもらっているのだろう。
本当に贅沢、感謝である。

今回はコロンビア・タミナンゴSUP・ナリーニョ、
グアテマラ・ウエウエテナンゴ・コンポステラ、
そして、ケニアAA。

コロンビアもケニアも大粒で美しい豆だ。
グアテマラなんて、練習に使うのは勿体無い、
スペシャルティコーヒーだよ、緊張したよ。
a0247515_23174113.jpg
1日目、コロンビア。
さすがに高級感の漂う風格がある。
とか言って、撮ったのは欠点豆↑の写真のみ。

実はこの日の夕刻に、
会社の‘さようなら我が支店’打ち上げがあり、
最後の社員として自分が幹事だったりで、
何となく流れで一芸でも披露しなきゃいけなそうな雰囲気だし、

何やらかしてやろうかな~なんて、
ちょっと集中力に欠けていたせいか、
いや、コロンビア自体全然焙煎したことないから、
豆の性質も分からなかったりで、
まあ色々と反省点が多かった。

カッピングの際に、先生が不在だったこともあり、
何となく結果の出ない感じで終わってしまった…。
(サンプル豆と抽出珈琲と自分の感想を残して去る。)

2日目、グアテマラ。
多分初めてのスペシャルティコーヒー。
コロンビアで反省していた俺は相当に気合を入れていた。

トレーニングセンターに到着した途端に、
「コロンビア良かったですよ。よくちゃんと煎り分け出来ましたね。」
と中川先生に言ってもらえて、
「いや~実はあんまり味がよく分からなくて…。」
なんて答えながらも、とたんに自信に満ち溢れる自分がいた。
とことん単純な男だよ。
a0247515_23182864.jpg
このグアテマラは水分量少なく、硬い豆であるためか、
あまりにハゼ音が小さかったりで、
中々難しいな~と思いつつも、まあ合格点。

「グアテマラなら酸味の際立つ味にしたいな~。」
なんて、少しでも味付けを想像しながら焙煎すると、
当たり前だが集中力は増すものだ。

焙煎後の豆のその硬そうな、
頑固そうな、豆面(まめづら)にシビれる俺。
味よりまずその美貌に惚れ込んでしまった。

3日目、ケニア。
バチバチバチと大きく弾けるハゼの音。
時間、温度、豆の表情、余裕を持って焙煎に挑む。
連日やる方が成長も早い。身に馴染む。
a0247515_23185996.jpg
このケニアに来て、一つ掴んだことがあった。
5段階煎り分けをするに当たっての一番大事なこと。
元々分かっていることだけど、自分で気づいたのがデカイと感じた。
ふふふのふ。そうか、焙煎って一番重要なのは…。
a0247515_23191299.jpg
ケニアは欠点豆↑多くて、
焙煎後のハンドピックも合わせるとなんと178gもあった。
2.5kg中178g。ちょっと多すぎやしないか?

で、念のため先生に確認してもらう。
すると色々と取り過ぎていることが判明。
ハンドピックは今後もずっと課題だな。
a0247515_23195930.jpg
ありがたい焙煎修行3日間を終え帰宅。
相方さんが、自分の大事なお客さんに珈琲豆を配りたいとのことで、
んじゃあ俺も友達に配るからと、ついでにパッキングしてもらう。

「俺たち昔からいつもこんなことばっかりやってるな。」
「そやな~、ずっとこんなん出来たらええな~。」
a0247515_2320142.jpg
「ほら見てよ、このグアテマラ。超美しくね~!?なあ、ほらスゲ~だろ!?」
「…あんたは阿呆か。誰が珈琲豆の豆面なんか見んねん。ただ飲むだけやで。」

「えっ、ええええ!?いやいやいや、誰が見てもシビれるだろ、この豆面!!」
「だから、誰もそんな所見いへんて。
あんたはなんでいつもそんな小さいとこばっかこだわんねん。」
a0247515_23202677.jpg
「いやいやいや。小さくねえし!!えっ、何?みんな豆とか見ないってこと?
この美しさに気づかね~ってかぁ!?そんな馬鹿なッ!!」
a0247515_23203969.jpg
「だから、見ないっつってんの!!…まあ、オレは見るけど。人は見ない。
これまでそれでどんだけ報われない人生送ってんねん、アンタは。
見た目はどうでもいいから、味をちゃんとしっかりせえよ~このど阿呆!!」

……。



それは↑ともかく。

今回の焙煎修行終了後に、先生に言われたこと。
次回はマンデリン。その後はまたブラジル等に戻って、
さらに細かい煎り分けに挑戦する。

そして、それも順調に進んだら、
開業の予定に合わせて、もう少し細かい、
焙煎練習のスケジュールを組んで行きましょう。

って!来たな~コレ!!
これからがまた長いけどコレ。
ゲイシャとかコスタリカケニアとかグレースハニーとか、
特殊なストレートでの味の喜びってのはもちろんあるにしろ、

自家焙煎珈琲屋の最終目標は、絶対的にブレンド作りなんですよ。
きっとそこからが本当の始まりなんだと思うんですよ。
今やっていることは全部そのための予行訓練でしかない。

2015年にはなんか消費税も上がるなんて話だし。
2014年には移住して焙煎機も店に設置したい。
そのためにも島の店舗の内装とかも決めねばならぬ。
今年2012年中には内装工事進めて、
店内試飲会を来年2013年には始めたい。

終わりなき‘路上’へ再出発だな。
果てない夢の道を紡ぎましょうぞ。
[PR]
by roaster-SK | 2012-07-01 21:27 | 珈琲焙煎修行

~淡路島福良のしまこや珈琲~


by roaster-SK
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite