COFFEE ROASTER BLUES!!

roastersk.exblog.jp ブログトップ

しまこや珈琲の作り方⑤~ハンドドリップによる抽出法~

それでは最後に。
『ハンドドリップによる抽出法』
を書かせて頂きます。

これを言葉で伝えるのが、一番難しい。
やはりコーヒー教室など開催して、実践して頂くのが一番でしょうか。
動画などもいずれは用意せねばと思いつつ、取り急ぎ、画像で説明しますネ。

(※おススメの道具類は、エントリの一番最後にリンクを貼っておきます。)
a0247515_16342754.jpg
必要な道具は、左上から、コーヒーミル、ドリッパー&ペーパー、サーバー、コーヒーポット。
手前左からコーヒースプーンに、温度計&マドラー。

これさえあれば、巷の喫茶店よりも、
断然に新鮮でおいしいコーヒーをお家で飲めます。

何より重要なのはコーヒーミルですね。

コーヒーは『飲む前に、豆を挽いて、その香味成分を湯に溶かし、味わう』嗜好品です。
粉にすると、その段階から香味は抜けていきますので、1日も経てば味わいは別物です。
a0247515_16343772.jpg
↑ 今はこのような手挽きのミルも安価で売っていますので、おススメします。
が、女性だと一杯飲む分を粉にするだけでもだいぶ疲れますので、
日常的に飲まれる方には、電動ミルを断然おススメします。

粉の状態で買って、丁寧に丁寧にハンドドリップするより、
コーヒーメーカーで豆から飲んだ方が断然おいしいです。

某コンビニのドリップ珈琲が、なぜあれだけヒットしたのか?
飲む前に豆から挽いて、ドリップしているからに間違いはありません。
缶コーヒーのブラックとはモノが違うのは、飲んだ誰もが分かることかと思います。
a0247515_16344625.jpg
是非一度、『本当のコーヒー』を味わって頂きたいと思います。
コーヒー豆本来の『甘さ』がよく分かると思います。

日本のコーヒーの美味しさは世界一なのです。
水質の良さ、甘さが活きる軟水という性質のおかげ様です。
これだけ何事にもマメで、手先が器用な民族は他にないのです。
a0247515_16345441.jpg
a0247515_1635343.jpg
a0247515_16351998.jpg
このひと手間が面倒なんですよね(笑)
まあ、自分もハンドドリップするようになるまで、
長い時間(3、4年?)が掛かったので、無理強いは致しません。

ただ毎日コーヒーを飲むような、通の方には断然おススメします。
電動ミルあった方が絶対にいいですよ~とっても便利!一生モノ‼
もしくは、ミル付きコーヒーメーカーが最適です☆
a0247515_16353189.jpg
a0247515_16354079.jpg
ドリップの前に、お湯を注いで、サーバーとカップを温めておきます。
a0247515_16355036.jpg
ドリッパーを左右に揺らして、粉の表面を平らにします。
a0247515_1636072.jpg
粉の大きさはグラニュー糖より大きいくらいです。
あまり細かくすると、湯の通りが悪くなり、
重たい味わいになってしまいます。

(※画像はもっと大きいですね。焙煎後3週間は経っているので、粗目にしました。
基本的に2週間後くらいが味のピークなので、嫌な味が出ないようにする工夫です。)
a0247515_163698.jpg
注ぐ湯の温度は82~84℃が最適です。
水を一旦沸騰させてから、差し水をして、温度調整をします。
より豆の甘みがはっきりします。お茶の世界と同じですね。

お湯の温度が高ければ高いほど、
甘みは飛んで、苦みの強いコーヒーになります。
複雑妙味な味わいは消えてしまい、平坦な味わいになります。
(※放出される香りは強くなりますが、一緒に旨みも飛んでくということですね。)
a0247515_16362320.jpg
まず初めに、『蒸らし』を行います。
a0247515_163632100.jpg
粉の表面に優しく「の」の字を書くように。
a0247515_16364189.jpg
粉の部分だけ蒸らすことで、粉の内部から香味成分が表面に出てきます。
a0247515_16381188.jpg
同時に炭酸ガスも出て来まして、
またコーヒーの粉の繊維も膨らむため、
このように「プクーッ」とハンバーグ状に膨らみます。

(※粉に挽いて1日経つと、もうこのようには膨らみません。
炭酸ガスと共に、香りもどんどん放出されてしまいます。)
a0247515_16381914.jpg
2、30秒程待ちます。表面がホコッと落ち着きます。
これで『蒸らし』は終了です。

この『蒸らし』作業で、
粉の内部から表面に出てきた『香味成分』を、
お湯に溶かし込むのが、『ハンドドリップによる抽出法』であります。
a0247515_16382619.jpg
a0247515_16383436.jpg

a0247515_16384026.jpg

a0247515_16385667.jpg
中心の部分だけを「の」の字を書くように再度ドリップ。
外側は濾過槽になるので、お湯はかけないでOKです。
中心500円玉分くらいを、ゆっくり細く注いでいきます。
a0247515_1639320.jpg
粉が完全にへこみ切る前に、
(※この泡に、苦みや渋みといった、嫌な成分が吸着する性質がありますので。)
a0247515_16391042.jpg
また「の」の字を書くように注いでいきます。
a0247515_16391796.jpg
これを何度か繰り返します。
a0247515_16392425.jpg
a0247515_16393273.jpg
容量に達しましたら、注ぐのを止めて、ドリッパーを外します。

カップ1杯分なら、スプーン1杯(10~12g)で、180~200cc。
カップ2杯分なら、スプーン1.8杯(18~20g)で、360~400cc。
道具もそれぞれですから、ただの目安ですが、うちの器具だとこんな感じす。
a0247515_16393819.jpg
先に抽出したエキスの方が濃いので、
サーバーを振るか、マドラーでかき混ぜて、
コーヒーの濃度を一定にします。
a0247515_16394725.jpg
先に温めていたカップに注ぎます。

(※コーヒー熱々の方が好きな人は、サーバーを5、6秒極弱火で温めてもOKです。
その時にしっかりサーバーの底の水分を拭き取らないと、破損の原因になります。)
a0247515_16395497.jpg
絶品の出来上がりです。
a0247515_1640252.jpg
世界最強のお家カフェの完成です( `ー´)ノ

・・・ちょっと、見た目、味わいが濃そうですね。
そういう場合はちょっと飲んでみて、お湯を足したりします。
そうやって自分の好みにすぐ変えられるのも、楽しみの一つです。

何より、自分で淹れる一杯は、それだけで愛着がわきます。
つまり、「すごく美味しくなる‼」ということです。
大事なのは、心の持ちようです(笑)

だいぶ長々と書いてしまいました。今回はここまでにしておきます。
もう少しだけ、書いておきたいことが出てきましたので、
次回エントリにそれを綴って、おしまいにします。

長々とご拝読頂き、ありがとうございました‼
HAVE A GOOD COFFEE TIME!!

(つづく)

☆おススメの道具はコチラ(amazonへリンクしてます。)☆

・電動ミル
カリタナイスカットミル
(我が家では家庭用はここ3、4年ずっとコレです。故障知らず。おススメです。)
・コーヒーメーカー
象印コーヒーメーカー
(ハンドドリップにハマる前までは、ずっと象印コーヒーメーカーでした。便利!)
パナソニックコーヒーメーカー
(他の型を持っていますが、値上がりしてましたね。要はミルさえついていればOKかと。)

・コーヒーポット
パールドリップポット
(うちの相方さんご用達はコレです。要は注ぎ口が細ければOK、あとはお好みで‼)

以上、様々挙げてみましたが、
これが正解ということでは決してないので、
色々調べたりして、自分の好みに合うものを選んで下さいネ(^^♪

それ以外の写真の道具は全て販売可能です。ご連絡下さい。
全てバッハ同様、コーヒーの王道を行きたい方におススメ致します。
他のメーカーに比べても、とにかく丈夫で長持ちです。
[PR]
by roaster-SK | 2015-01-30 21:57 | しまこや珈琲の作り方

~淡路島福良のしまこや珈琲~


by roaster-SK
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite