COFFEE ROASTER BLUES!!

roastersk.exblog.jp ブログトップ

バイセンの壁。

1日短縮して、2日間で計15釜。
相変わらず贅沢な各種珈琲を、
焙煎させて頂いておりますが。
a0247515_191936.jpg
焙煎、やっぱり難しい。



冬から春への移り変わり。
春から夏への移り変わり。
この季節の狭間の調整が。

前回、人生初めてブルーマウンテンを焙煎させて頂いて、
すごくうまくいって、「おお~、さすがブルマン、焙煎しやすいもんだ!!」
「しかも、この独特な軽やかな香ばしさ&ストレートなのに、この味のふくよかさ!!」
なんて調子に乗って、今回もう一度チャレンジしてみたものの…。

結果、微妙に苦い。味わいが重たい。
ほんの微妙な違いで、こんなに味が変わってしまうとは。
あな恐ろしや、珈琲焙煎。

まあ、焙煎修行は1釜500gずつでやっていて、
実は、こういう少量で焙煎するのが一番難しいわけで。
お店やる時には最低でも1kgずつ焙煎するので、
きっともっと楽に、美味しく出来ると思う。

ただ、今現在、この季節の変化で、
ちょっとしたカロリーの与え方の違いで、
ここまで珈琲の味が変わってしまうこと、
その個性的な味が台無しになってしまうこと、
それを知っておくことは重要だなと思う。

普通に美味しいでいいや、と思った途端に、
きっとどんどん道を堕ちていくに違いないから。
今は、はっきりと目指す‘味’があることだし。
(…だから余計に超ショック。まじガックリ。)

修行中であんまり味に囚われても、
焙煎機が変われば全てが変わるから無駄なんだけど、
やっぱりどうしたって気になることはまだまだ多い。

珈琲は軽やかに、深い世界でござ候。
派手なのは嫌い。ミーハーにも興味ない。
素朴で地道な、味わい深い珈琲屋がいい。

道に佇む、お地蔵さんみたいな、珈琲屋が。
(…こりゃあ一生、修行って感じだなあ。道のりは長いぜ!!)
[PR]
by roaster-SK | 2013-05-24 13:23 | 開業準備記録

~淡路島福良のしまこや珈琲~


by roaster-SK
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite