COFFEE ROASTER BLUES!!

roastersk.exblog.jp ブログトップ

きっと、今でしょ。

前回のエントリを打ちながら、
ポッカリと頭に浮かんだことがあった。

「やっぱり、どう考えたって、機は今でしょ。」



珈琲焙煎を始めて2年半。
修行はすでにある地点に到達し。
応援してくれる方も増えて来て。
ご注文を受けることも増えて来て。
今までのイラストや漫画などの活動も、
珈琲に活用できる筋道が見えて来て。

で、この先3年以上も待つってか?
それ無理くない?どう考えたって時間の無駄くない?
今34歳。3年経ったら37歳。そりゃ若い方がいいわな。

職場に、ずっと大学講師を兼業して続けておられる方がいて。
その方が先日めでたく、とある大学に就職が決定したのですが。
10年以上兼業してきたその方曰く、

「いいか、絶対に若い内がいいぞ。世間の目ってのは本当に厳しいものだから。」

急げってわけではないが、ダラダラと今の生活に慣れてはいけないぞ、
自分の志した道が他にあるならば、機を逃してはいけないぞ、
歳を取れば取るほど、世間の目は厳しくなるものだからな、
と、この方が言わんとしていること、何だかよく分かる気がする。
この方は職場のリーダー的存在の人だから、余計に響く。

今が幸せだとしても、それが永遠に続くことはありえない。
常に心に向上する気持ちを持ち続けて、前進する過程にのみ、
幸福は存在するものだから。

仏教的に言えば、それが無の境地であり、
宮崎駿的に言えば、そこが風立ちぬ場所なんだろう。
志の向かう方向にしか、幸福は生じえない。
だから、人生ってのは本質的に個人的な闘いなのだ。

・・・って、何の話だったっけ?

実はまた職場の再編成があり、3つの支店に分かれることになったのです。
珈琲を始めると同時に入った今の職場。仲間たちとも今度ばかりはバラバラに。
会社に対して愛着はないのです。人間関係に愛着があるだけで。残念至極。
(組織ってやつは、相当上手く出来ているけど、ある種残酷物語なものね。)

まだ先が決まる前に辞めることはないけれど、
こんな会社の都合に、自分の行く末を合わせる気持ちは更々なく、
ならば、先見えずとも自分の志の方向へと歩みを進めるしかないわけだ。

そんなこんなの個人的諸事情も含めて、

「やっぱり、どう考えたって、機は今でしょ。」

と改めて思ったわけであります。

前回のエントリを只今帰郷中の、
相方さんも読んで色々思ってくれたらしく、
(彼女の太鼓道も大きな節目を迎えているので。)
とにかく焙煎機だけでも島に早いうちに設置して、
『出来る商売から始めていこうじゃないか。』
というお話になって来ております。

秋頃には、お伊勢さん&高野山参りの計画もあるので、
その旅に向かう中で答えが出るんじゃあなかろうか。
志の方向に沿った、我々らしい、商売のかたち。

きっと、今でしょ。
[PR]
by roaster-SK | 2013-08-14 18:35 | 開業準備記録

~淡路島福良のしまこや珈琲~


by roaster-SK
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite