COFFEE ROASTER BLUES!!

roastersk.exblog.jp ブログトップ

のびのび出来る旅空間へ。

厳しすぎた猛暑の夏も、そろそろ終わり。
もうすぐ来る味覚の秋は、珈琲の季節であり候。

今年の夏は島の祭りに行かない代わりに、
島よりちびっ子と相方さんの弟ちゃんが遊びに来ていた。
ディズニーからスカイツリーから花火大会から鎌倉から江の島まで。
a0247515_1461937.jpg
1週間ほど連れ回し、連れ回される。子供を育てるってエライことだと痛感。
教育なんて、本当に愛のある、親にしか出来ないことなんだなあ。

そろそろ大学受験の弟ちゃんを連れて、卒業以来初めて母校にも行った。
素晴らし過ぎる環境だな、大学生活ってやつは。と思いながら散策。
もはや俺には物語の舞台にしか見えない。
a0247515_1455399.jpg
↑学生の時から10年以上通い続けている、鎌倉は茶房・雲母きららのあんみつ。
ここに連れて来て喜ばれないことは一度もないネ。(女性にネ。)

そしてつい先日には盟友と、夏の終わりのさし飲みat大船。
4年前に一悶着起こして迷惑を掛けた、とあるスナックへお礼参りを果たす。
これはだいぶ大きな出来事であった。新たな船出を祝ってもらえたかのような。
a0247515_1472590.jpg
カフェではなく、よりシビアな豆屋から始めるということになり、
元々文化として好きであった、サードウェイブ関連の豆屋に注目している。
豆をブランド化して商売するということはどういう仕事であるのか。

まじめな話、珈琲の質で負けることはないだろう。
しかしこれ、ファッションセンスが皆さんズバ抜けている。
ブランド構築の勉強に、3年振りに真剣にお店巡りをする予定。

自分らのお店のキーワードは始めから決定している。
ズバリ『豆×島×旅』である。これをいかに端的に表現するのか。
で、珈琲屋じゃあないけど、素晴らしいお店に本日初めて行って来た。
a0247515_209011.jpg
んもう、超最高で、時間を忘れる。
凄すぎて癒され過ぎてビックリした。

世界観が極まっていて、これぞ細部に神宿る。
都会に住んでいることの幸福を、最近よく感じる。
電車乗って15分程度ですぐに行けちゃうんだもんね。

ちょっと、お店のロゴから全部、改めて考え直すことにしよう。
やっぱりね、お客さんをドキドキワクワクさせるには、
出来る限り、自分の主張を削るに限る。

茶室の如く小規模ゆえに、際限なき宇宙を感じる、珈琲豆屋。
コンセプトがそのまま、将来OPENのカフェにも繋がるように。

・・・しっかしまあ、すんばらしいお店ってやつは、
なぜにこんなにも幸福な気持ちに満たしてくれるのだろうか。
夢の箱だよ。俺にとってはここがディ〇ニーランドだよ。
[PR]
by roaster-SK | 2013-08-29 21:59 | 開業準備記録

~淡路島福良のしまこや珈琲~


by roaster-SK
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite