COFFEE ROASTER BLUES!!

roastersk.exblog.jp ブログトップ

開業読書メモ~繁栄の法則~

a0247515_2220844.jpg
『繁栄の法則(北川八郎)』 致知出版社

・利よりも信。
・少し損をして生きる。
・順調な時ほど気を付ける。
・人を評価しないでおおらかに生きる。
・拡大よりも充実を。
・「このコーヒーで多くの人たちの心が癒されますように。」祈りながら作る。
・「このコーヒーを飲んだ人たちが健康で、心も安らぎ、活力が湧きますように。」
・10%損をする→10%人に与える→与える商いが繁栄の素。
・人は心地よいものにお金を支払う。
・儲けようとしない。利にとらわれない。少し損をしても信を選ぶこと。
・哲学を持ち、信を守る。
・利は還元することで、会社は繁栄する。
・「戸が笑う。」→楽しくお客さんが長居して笑ってもらうと、
お店のお腹の調子は良くなり、入口が笑う。戸が笑うお店は繁昌する。
そんなお客さんを嫌がってはいけません。
・お店開業の動機の純粋性と、その内容を一致させるように、心を高める。
心が濁ると、濁った分だけ、いずれ苦がやってくる。
いつも信をもとに、お店をやりましょう。
・順調な時ほど難しい。順調な時ほど、慎重に生きて行く。
充実を図る。利をお客さんに還元する。
・お客さんに喜んでもらえるように商売をする。→優しさ、喜び、温かさが生まれる。
・「使命に従って生きる。」→使命に従うならば、必ずうまくいく。
きちんと純粋な心で、使命を見つけて下さい。チャンスは必ずやってくる。

(以上、本よりの抜粋色々。)



さて、ここで命題。
『使命とは何だろう?』
しまこや珈琲の使命とは何か。

①正しいコーヒーを沢山の人に知って頂く。
②正しいコーヒーの見極め方、淹れ方。味の違い。
③淡路島の魅力、福良の魅力、地方の魅力、旅の思い出。

そのお店のオーナーとしての使命とは。

①正しいコーヒーの選別、焙煎。
②毎日の掃除、お店の維持管理。
③正しいコーヒーの啓蒙、販売。

使命を果たすための仕組みとは。

①定期的なコーヒー教室。
→味わいの違いが分かります。自分の好みが分かります。ちゃんとした知識と淹れ方を学べます。
②1階はコーヒーを楽しむ場所。
→コーヒーを通じて人と交わり、笑い語り合い、束の間の休息でホッコリする場所。
③中2階は自分の想いと向き合う場所。
→自分と向き合い、大事な人や、大事な想いを形にする空間。
気持ちは人に伝えることで形となる。心は形になるとホッコリする。
人に想いを伝えること、与えることで、自分が何より癒される。

結論;
しあわせとはシンプルなものであり、常日頃の足元にあるもの。
ゆえに、しあわせになる法則もシンプルであり、足元を照らすものであるはず。
根っからの商売人気質ではない私は、己に沿った哲学から道を定めていくしかない。

(おしまい)
[PR]
by roaster-sk | 2014-09-15 21:48 | しまこや哲学

~淡路島福良のしまこや珈琲~


by roaster-SK
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite